読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのアニメ感想ブログ

主にアニメの感想を書いていきます。

2016年 秋アニメ振り返り

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
う~ん、なんだか釈然としない。凄く中途半端な終わり方をしたような気がするのだが。
放送スケジュールがずれたりして途中見れなかったのも話が分かりにくい理由の1つなのかもしれない。
作画は割と良かったのだが。もうちょっとなんとかならなかったのか。5点。

 

レガリア The Three Sacred Stars
途中話を1分からやり直したりしていたけれど、全体を通して見てみると割と普通の話だった。
てっきりヨハンは雑魚キャラかと思っていたらまさかのラスボスだったとは。なんだか随分こじんまりとした話になったな。
キャラクターは声も含めて良い方だったと思う。全体的な評価としては、まあ5点ってとこですかね。

 

・<ハオライナーズ>Bloodivores
う~ん、これは久々に酷いアニメを見たな。
ストーリーは意味が分からない。作画の方も最後の方は力尽きた。
個人的には電波教師より少しマシくらいの位置づけなのだが。電波教師と違って1期で終わったのもせめてもの救いか。
2点。

 

ブブキ・ブランキ 星の巨人
う~ん、いまいち話が分かったような、分からないような。
もうちょっとギャグパートを面白くすれば良かったのにな。
でも1期よりも多少は面白くなったかな。6点。

 

SHOW BY ROCK!!
良くも悪くも安定していたな。まあそこそこ楽しめたし良かったのではないかと思う。
シンガンクリムゾンズの人達が相変わらず面白かった。
6点。

 

雨色ココア in Hawaii
残念ながら面白さが分からなかった。
まあ5分アニメだし、原作が好きな人には良かったのかな。
3点。

 

・DAYS
う~ん、自分が言うのも何だけど、サッカー舐めるなと言いたい。
根性論でひたすら走るだけでレギュラーになると言うのが納得しづらいし、とりあえず気合を入れれば逆転出来ると言うのも何だかなぁ。
ストーリーも割と単調で見ていて「またか」と思わされることが多かった。3点で。

 

・刀剣乱舞-花丸-
正直悪くない出来だったと思う。ゲームを知らない自分でもそれなりには楽しめた。時間遡行軍との戦いと言う大きなテーマがありつつも、それ以外の本丸での日常描写にも力を入れていた。
文句を付けるとすると、刀剣男子と言いながら見た目以外は男らしい要素が全然見られない。割と精神的になよなよとしているし、お洒落の方向性がおかしいし。
でもやっぱりソーシャルゲームが元になったアニメとしては非常に良い出来だったと思う。むしろ艦これもこんなノリでやってくれればよかったのに。7点。

 

・アイドルメモリー
劣化版アイカツとか言われているみたいだけど、結構面白かったと思う。少なくとも根気の中国アニメの中では一番良かったのではなかろうか。
中国でも日本でも受け入れられるようなストーリーと言うことで、おそらくあんな感じの王道と言うか無難な話の内容になったのだろう。まあ悪くはなかった。
それからオープニングの「毎日がGood Day!」は今期アニメの中でも結構良い曲だったと思う。
7点かな。

 

12歳。~ちっちゃなムネのトキメキ~
相変わらず大した恋愛脳だ。こいつら恋愛以外やること無いのかってくらい恋愛しかしていない。
あんなお花畑全開の話だけじゃなくて少しは厳しい話もやれば良いのに。高尾は他に女を作って海外へ、花火はアラサーになっても彼を待ち続ける、結衣は高校に入って妊娠し夢を諦め桧山はフリーター、それくらいやってくれれば凄いアニメだと評価したのになぁ。
まあ割とツッコミを入れながら見られたのは面白かったので6点。

 

魔法少女育成計画
まず全体的な内容に関してはまどか☆マギカみたいな話だなと思った。そういった意味で新規性は少ない方なのではないか。
ただ能力バトルとしてはかなりまともな線を行っていたと思う。魔法少女同士の戦いは互いの能力が活かされていて、結構楽しみながら見ることが出来た。
結局最後まで魔法の国が何なのかとか、ファヴを倒したところで問題が解決するとは思えない点とか、結構重要なところが語られなかったのは残念だな。原作だと続きがちゃんとあるのかしら。
まあ7点ってところかな・・・。

 

灼熱の卓球娘
キャラクターが結構特徴的と言うか人工的と言うか・・・。
でもまあ面白かったかな。卓球の試合をしているはずなのに何故か発情し始めるところとか。
それにしても1期やってまともな公式戦は1回も無かったな。全体的にちょっと展開が遅すぎたんじゃないか?
6点。

 

ステラのまほう
う~ん、まあ悪くないんじゃないかな。
標準的なきらら枠のアニメだと思った。5点。

 

夏目友人帳
まあ良いんじゃないかな。
自分はあまり前の話を見てなかったので分からない部分もあったが、それでも楽しめた話はいくつかあったし。
蟲師みたいな感じだと思えばよいのかな。6点で。

 

・<ハオライナーズ>CHEATING CRAFT
う~ん、意味が分からない・・・。
カンニングをするのにそれだけ苦労するなら最初から真面目に勉強した方が遥かに効率的なのでは・・・。
そして試験をする側もカンニング対策をするために試験そのものを邪魔するのでは本末転倒すぎる。
もっとThat'sカンニング!みたいな内容だったら面白かったのになぁ。3点。

 

・<ハオライナーズ>TO BE HERO
う~ん、意味が分からない・・・。
途中までもかなり酷かったが、最後で更にそれをひっくり返して酷いオチを付けるとは思わなかった。
シュール系のギャグなのかなぁ・・・。う~ん、2点と言いたいところだけど、まあ娘さんが可愛かったから3点にしておこう。

 

美少女遊戯ユニット クレーンゲールギャラクシー
2期になっていよいよ何がしたいのか分からなくなったな(汗
クレーンゲーム要素もなくなり、アイドルアニメとしてだけでは他の作品との差別化ができていない。
前期からの愛着も多少はあるので4点。

 

・ナゾトキネ
良い年したOLがピチピチのスーツを着てクイズを解いては顔を赤らめると言う、10分アニメの割にかなり尖ったアニメだった。
10分だと視聴者が考える時間が無いと言うのは悩ましい所だったけどな。自分はわざわざ放送を止めてまで考えるような時間は無かったし。
まあでも10分アニメくらいにした方がテンポが良いかな。ずっと考えてるだけってのもなんだしな。
6点。

 

てーきゅう8期
まあ相変わらずテンポが早くて感想を書くのが大変だった。
話は面白かった。
5点。

 

奇異太郎少年の妖怪絵日記
5分アニメだったので話的に大した動きがあったわけでは無かったけど、でもまあ登場人物が可愛かったので良しとしよう。
5点。

 

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン
う~ん、まあ可もなく不可もなしってところか。5点。

 

文豪ストレイドッグス
うむ、1期と比べるとだいぶ面白くなったような気がする。
この作者は下手に推理とか人間ドラマとか描こうとせずに能力バトルをやっていたほうが良いのかもしれない。
5点。

 

・ユーリ!!! on ICE
まあ良くもなく悪くもなく。
タイトルのノリとか腐女子を意識した演出とか、自分の琴線にはあまり触れないところが多かったなぁ。
作画は割と安定していたな。4点。

 

競女!!!!!!!!
何と言うか凄いアニメだったな。
酷い話だな~と思ったら毎回そのハードルを超えてくる。胸と尻だけで良くもそんなに思いつくなぁと感心した。
少し良く評価し過ぎかもしれないが8点くらい付けても良いだろう。

 

私がモテてどうすんだ
う~ん、これは良い意味で酷いアニメだったな。
まあ正直設定に色々と思う所はあるけど、多分ハーレムもののアニメを男女逆にしたらこんなものなのだろうきっと。
改めて言うが現実世界で痩せたからって美人になるとは限らないし、モテるとも限らない。
ヒロインの暴走っぷりは見ていて面白かったのだが、どちらかと言うと小林ゆう画伯の暴走っぷりを見て楽しんでいただけかもしれない。
あと作画は割と安定していた。なんだかんだ言って良く出来ているんだよなぁ。8点に近い7点。

 

・ガーリッシュナンバー
悪くはないのだが、ちょっと最後のオチが微妙かなぁ。千歳は割と屑いまま反省しないし、かと思ったら最後にちょっとだけ改心して取ってつけたかのようなハッピーエンドっぽくなるし。
そもそも声優業界のアニメ自体が既に割と先発があって独自性を発揮するのが難しいのかもしれない。
アニメの感想とは少し違うけど、4コマのガーリッシュナンバーは面白かった。本編では見ることができないガチャ廃人の万葉様とか。
私はいいと思う。7点。

 

・ドリフェス!
話の内容は王道のアイドルモノなので特にこれと言った感想は無し。
それよりもディアドリームのみんなの棒読み(特に奏と純哉くん)やナレーションの台詞(ドリカターイム!!)の方が気になった。
色々と突っ込みどころがあって面白かった。6点かな。

 

・DRIFTERS
分かっていた事だけど面白かった。作画も最後まで安定していてとても良かった。
しかしなんだか中途半端なところで終わってしまったなぁ。オルテは奪還できたけど土方との決着は持ち越しって。
今後続きがあるみたいな終わり方を最後していたけど、そもそも2期をやる分の原作ストックが溜まるのがいつになることやら。
8点。

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
終わってみれば凄く面白かったな。原作はもっと1話1話に時間が掛かっていたいたけど、それをうまい感じにテンポよくまとめていたと思う。
ストーリーに関しては文句の付け所が無い。作画はちょっと微妙な所があったけど、でもまあちゃんと見られるものにはなっていた。
7点・・・いや、8点あげても良いかな。

 

・Lostorage incited WIXOSS
全体的に陰々滅々とした話なのだが。カードゲームの販促としてこんな辛気臭いストーリーで良いのかなぁ(汗
みんなもっと気楽に命賭ければいいのに。遊戯王みたいに(笑
キャラクターも見た目は可愛いのに性格が病みすぎててあまり好きになれなかったぞ。
う~ん・・・作画は比較的安定していたことを踏まえて5点かな。

 

亜人
まあ相変わらずな感じだったな。何と言うか登場人物の行動も理解しにくいし微妙な話だった。
結果的に佐藤が真面目に亜人の人権を訴えたいんじゃなく、単なるバトルマニアだったことが判明したのは良かった。
フル3Dなのは良いけどなんか動きが軽くて戦闘にも迫力が出ないんだよな。考えものだ。
総合的に評価して4点ってところか。
そう言えば死ぬの定義って何なのだろうな。生命活動の停止とかであれば、脳死状態にしてそのまま放置が一番安全なのかなぁ。

 

・WWW.WORKING!!
相変わらず変人だらけの作品だった。この作者は変人を出さないと物語を描けないのか。
まあ日常の中で非常識な設定と言動をするジャンルだと思えば、話は割と面白かったしラブコメとしてしっかりしていた気がする。
7点。

 

Occultic;Nine
最初は内容がトンデモだし登場人物みんな早口だし性格がアレな人ばかりだし感想書きにくくて微妙だな~と思っていたが、回を追うごとに全体像が見えてきて早口にも慣れてきた。
でも結局最後までオカルト満載だった。スカンジウムとは一体・・・。まあ科学的な考察とかはするだけ無駄なのだろう。
5点かな・・・。

 

・ViVid Strike!
オープニングの曲は凄く良かった。エンディングも良かったな。
最初熱血系の話だと思っていたら4話でリンネちゃんの壮絶な過去が明らかになって、最終的にフーカちゃん大好きウーマンになっていた。どっちかと言うと主役のフーカちゃんよりリンネちゃんの方が目立っていたような気がする。
それにしてもみんなリンネちゃんの事をホワイトゴリラとかドブゴリラとかゲロゴリラとか呼んでいて酷い言われ様だなと思った。フーカちゃんのこともワシとか言ってたし(笑
正直リリカルなのはViVidよりもこっちの方が見ていて面白かったな。8点を付けよう(笑

 

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター
う~ん、正直この作品もマンネリ感が出てきたと言うか、もうこれ以上話も広がらないよね。
今回はHE☆VENSと言う新しいグループを出してきたけど、同じようなやり方が何度も通用しないだろうし、既に登場しているアイドルの中でもキャラ被りが起きている現状でこれ以上のアイドル追加ってのも厳しそうだ。
一応七海の扱いとか過剰すぎると言える演出に突っ込みながら見る分には面白かった。6点。

 

・終末のイゼッタ
最初は割と良かった。無敵と思われた魔女にも意外と弱点はあって、ゲルマニア帝国は次々と対策を打ってくる。それをどうやって切り抜けるか、みたいなのが見ていて面白かったな。
でもこの手の作品によくありがちなことに、結局最後は能力者対能力者になっちゃうんだよな。この作品もご多分に漏れずそんなふうになってしまったのは残念だ。でもそうしないと最後のミサイルの展開にはならなかっただろうし、戦争終結に持っていくことを考えるとやむを得ないかなぁ・・・。7点で。

 

うどんの国の金色毛鞠
終わってみれば非常に良い話だった。
ポコが可愛いんじゃ。ガオガオちゃんはちょっとよくわからなかったけど、まあこう言うので良いんじゃないかな。
タイガーマスクと時間が被っていたのが本当に残念だった。
6点。

 

・マジきゅんっ!ルネッサンス
う~ん、微妙なアニメだった。
魔法芸術と言うからにはもっと魔法と芸術を融合させたものにして欲しかった。既存の芸術をそのままやってキラキラしたものが出るだけって、それこそ芸が無さすぎるよ。
ストーリーも結局魔法芸術をメインにしたいのかイベントをメインにしたいのか分からなかったし。まあ乙女ゲー原作ってこんなものなのかもしれない。マルチエンディングを上手く取り入れようとしてこうなったとか。
作画は良かったのでそこは評価したい。4点かなぁ。

 

斉木楠雄のΨ難
原作通りの面白さにアニメ独自のアレンジも加えていて良かったと思う。
しかし斉木くんの見た目は色が付くと一層奇抜な格好に見えるな。
6点。

 

怪盗ジョーカー
今回で流石に終わりかな?
まあ良かったのではないかと思う。トリック自体は子供向けなので、大人の人が見ても物足りない感はあるだろう。
5点。

 

・3ねんDぐみガラスの仮面
なんで今さらガラスの仮面なんだろう・・・と思いながらもそれなりに楽しかった。
北島マヤ姫川亜弓月影千草、速水真澄、桜小路優の他にも絶対にキャラクターはいるはずなのだが、全然思い出せない。それだけ彼らの個性は強烈ってことだよな。確か北島マヤをはめようとした女の子とかいたはずなのだが。
5点。

 

聖闘士星矢 黄金魂-soul of gold-
う~ん、まあ悪くはないのだが・・・。
まあこんなものかな。5点。

 

・侍霊演舞:将星乱
なんというか微妙な出来だった。
全体的に画面が見辛い。ストーリーは悪くないけど聖杯戦争まんまだし・・・。
キャラクターの数を絞ったのは好印象かな。4点。

 

・装神少女まとい
まずこの作品のオープニングテーマである蝶結びアミュレットは今期屈指の良い曲だと思った。
話はまあ・・・ナイツが何なのかとか、そういった話はさておき、キャラクターはみんな可愛かったな。個人的にはやよいさんが理想すぎる。
良い作品だった。6点。

 

ナンバカ
正直この作品は何がしたいのか分からなかった。脱獄をひたすらするわけでもなく、ギャグかと思ったら急にシリアス展開になったり、超能力バトルを始めたり。
もし原作があるのだとしたら原作が悪いのだろうこれは。
作画は良かったがそれを加味しても3点ってところだろう。

 

響け!ユーフォニアム2
凄く良かった。やっぱり音楽って良いな。
作画に関しては安心の京アニクオリティ。話も面白かった。
今回は3年生卒業と言う区切りの良いタイミングで終わったけど、まだ全国で金は取れていないから続きはあるのだろう。
秀一との恋も今後進展するのだろうか・・・。
8点で。

 

・ブレイブウィッチーズ
ものすごく皮肉な話だが、ブレイブウィッチーズを見ることでストライクウィッチーズの凄さを改めて認識させられたな。
話はまあ、あれはあれでいいんじゃないかな。ストライクウィッチーズだって話の展開は割と雑だったし。
今回3Dモデルを使うことで良くなった部分もあったけど、たまに微妙なところもあったな。
全体を通して・・・まあ7点ってとこかなぁ。

 

・フリップフラッパーズ
意味が分からなかった。
最後の方でやっと話の全体像が見えてくるのだけど、わざわざやる意味あるのかこれ・・・。
3点。

 

・Hi☆sCool!セハガール
まあ・・・これはこれでいいんじゃないか。3人とも可愛かったし。
5点。

 

・学園ハンサム
これいつの間にか終わっていたと言う事で良いのかな。
ギャグでやっているのは分かるのだがちょっと狙いすぎていたように感じた。
まあこんなものか。4点。

 

・あおおに~じ・あにめぇしょん~
う~ん・・・わざわざこれを青鬼でやる必要はあったのかなぁ。
悩ましいけど3点にしておこう。

 

 

そんなわけで、今日はこれまで。
それでは、ごきげんよう。