読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのアニメ感想ブログ

主にアニメの感想を書いていきます。

アニメの感想など

黒子のバスケ ロクでなし魔術講師と禁忌経典 MONSTER 夏目友人帳 王室教師ハイネ

最近仕事が忙しくなってきた。

 

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
先日見る機会があったので、一応感想を書いておきます。
あまりネタバレをするのもよろしくないので程々にしておきますけど、期待以上の面白さでした。
キセキの世代の5人に黒子、火神を加えた豪華メンバーによる夢のチームが結成。
チームには他にも控えがいるんだけど、彼らの出番はほとんど無い・・・。
練習で5対5をやるためだけに呼ばれたんじゃないかと思った(汗
緑間くん、占いグッズとして色々と持ち歩いているが、もはや誰もそれに突っ込まないところが笑える。
アメリカのチームは当然物凄く強いんだけど、結局彼らは最後まで緑間くんの3Pシュートを抑えることができなかったな。それだけ彼の能力はとんでもないと言うことだ。
あと緑間くんと高尾がやってたアレ、赤司もできた。高尾ェ・・・。
アメリカのチームは確かに強かったのだが、結局印象に残ったのはゴールドとシルバだけだったな。
あとアメリカのチームは5人だけで選手の交代は無かったから、同じ条件でまともにやりあったらキセキの世代と言えど負けていたんだよなぁ。

 

・ロクでなし魔術講師と禁忌経典#1
とりあえずファンタジー系の作品って事で良いのかな。
火打ち石が擦れて出来た傷を直す。なるほどタイトルからも分かるように魔法が当たり前の世界なのだな。
それにしても凄い格好の制服である。

 

ふむ、この走ってきた奴がロクデナシの魔術講師に違いない。
初日から女の子と曲がり角でぶつかるなんてベタな展開だな。
学園の外で魔法を使っちゃいけないんじゃないのか(汗
これが水も滴る良い男という奴か・・・。

 

急に女の子の身体をベタベタ触りすぎだろ(汗
こいつ大丈夫か。

 

数値上は平凡な能力だけど実は凄い、なんてありがちな設定なんだ・・・。
これは自習するパターンだな。
まあ、そうなるな。

 

授業は要領を得ず、字も汚くて何を書いているか分からない。
本人の能力がどうであれ、これじゃ講師としては不適なんじゃなかろうか。
なんでこの人が講師になっているのだろうか・・・。

 

癒やしと言いながら友人の胸を揉む。
う~ん、こいつもこいつで結構危ない奴じゃないか。
なんで更衣室にお前が入って来るんだよ。こいつ分かっててやってるだろ・・・(汗

 

う~ん、さっきから好感度を順当に下げているのになんでそんなに親しげなんだ。
急に真顔になる講師。う~ん、何がしたいんだこいつ・・・。

 

こいつもこいつでクビになるのが本望なんだな。ならどうしようもない。
急に決闘を挑まれた。なんてお約束の展開なんだ(汗
使える魔法はショックボルトだけ。なるほどこの人は自分の得意分野で勝負する気だな。

 

えぇ、何もせずに魔術を食らったのだが。
この先生、弱すぎ問題。
う~ん、何がしたかったんだ。この人。駄目駄目なのだが。

 

・MONSTER#66
なるほど、これはヨハンとニナの両親の話か。
任務?なるほど、ポケモンの厳選みたいなものか・・・。

 

逃げようとした。だが捕まった。まあ、そうなるな。
残念だが全てはシナリオ通りなのだ。
彼を返して。

 

凄い顔をしているな。
ゆ、許されない・・・。
えぇ、出産間近だと言うのに脱走したのか(汗
たまげたなぁ。

 

う~む、こうして名前のない怪物が生まれましたとさ。
じゃあ1話で東ドイツから逃げてきたのは本当の両親じゃないって事か。
ニナがヨハンの居場所に着いた。廃墟じゃないか。

 

テンマがいなくなった。
エヴァを置いてヨハンのところへ。
おいおい、このままだと救急車が現場に来るぞ。エヴァが捕まってしまう。

 

幼い頃のヨハンとニナの話になった。
三匹の蛙から逃げ出した。
えぇ、ヨハンは子供の頃から何をやっているんだ。とても子供ができる芸当ではないと思うのだが。

 

う~ん、最後の方は何が何やらさっぱりだったな(汗

 

夏目友人帳 陸#放送記念スペシャ
今更夏目友人帳の世界を紹介してくれたな。
妖怪が見えるせいで皆から嘘つき呼ばわりされていた。
ニャンコ先生って封印されていたのか。

 

ふ~んなるほど、夏目のお祖母ちゃんは碌でもない事をしていたのだな。
それで彼は妖怪達に名前を返す事にしたのね。

 

後は制作秘話的な事を色々と話していた。
あとはキャストからのコメントか。
アララギさん来たな・・・。

 

総監督からの質問か。
あまり女キャラクターの印象って無いのだが・・・。まあ、夏目のお母さんは凄く良い人だよな。

 

王室教師ハイネ#1
ふむ、つまり王室教師ってのは超エリートなのだな。
なるほど王子は5人兄弟で、一番上は今のままだと次期国王確定、残りの4人の面倒を主人公のハイネさん?が見るのだな。

 

ん?この人は女の子なのか?
こいつが王室教師か。
う~む、下の王子達4人はなかなかの問題児のようだな。

 

なんだ、王子ってもっと子供かと思っていた。
一番左のその着こなしは何なのだよ(笑
う~ん・・・なるほど思っていた通りの問題児ぶりだ。
あっはい。

 

大学に通っていないと知ると途端に見下し始めたな。困ったぞこれは。
と言うかこの人大学に通っていなかったのか。それなのに王室教師なんてよく抜擢されたな。

 

俺は教師と言う生き物が一番でぇきれえなんだ。
fufu...話を聞いてくれません。
とにかく個別面談を始める。
まあ、そうなるな。こいつら我が道を行き過ぎだろ・・・。

 

せろ?う~ん、コミュニケーションに難ありだな。
まあまだ子供だから仕方ないな。

 

早速4男と面談をすることになった。
こいつ教師嫌いすぎだろ・・・。
あっはい。そんなにザッハトルテが好きなのか。

 

えぇ、そんな下らない理由で教師が嫌いになっているのか。
単純な理由すぎる・・・。
ただの勉強嫌いの体力馬鹿だった。

 

何か落ちた。日記か。
反省日記。書いてあることがことごとくネガティブなのだが(汗
テストを受けてくれた。意外とちょろいな。

 

次は3男か。
お前に学ぶことは何もないとか言ってる。実際この人は何を教えられるのだろうな。

 

 

そんなわけで、今日はこれまで。
それでは、ごきげんよう