読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのアニメ感想ブログ

主にアニメの感想を書いていきます。

2016年 夏アニメ振り返り

7~9月のアニメもひとしきり見終わったので、全体を通しての感想を書いていきます。

 

アルスラーン戦記 風塵乱舞
なんでこれ8話で終わったんだろう。やっぱり話の区切りとしてちょうどよいところだったのかな。
内容的には普通に面白かった。8点。

 

初恋モンスター
素材は良かったのだが蓋を開けてみたら人気声優に下ネタを言わせるだけのアニメだった。
自分の思い描いていたものとは少し違ったものだった。と言うか、これで楽しめるのは本当に小学生なんじゃないか?
5点。

 

・Re: ゼロから始める異世界生活
話は面白かったのだけど主人公のノリがどうしてもついていけなかった。
まあでも作画や音楽は結構良かったと思う。
最後の方は割りと面白かったのでぎり7点ってとこで。

 

SHOW BY ROCK!!しょ~と!!
まあいいんじゃないか?
プラズマジカとかシンガンクリムゾンズとか徒然なる操り霧幻庵とか、自分が知ってる人たちの出番が多くて良かった。
5分アニメにしてはそこそこ楽しめたので6点。

 

甘々と稲妻
大したネグレクトアニメだ。
父親一人で子供を育てるのって大変なんだなって思った(小学生並の感想
最初、甘々ちゃんはさっさと先生に婚姻届を突きつけろよ、と思ってたけど、最終話まで見た今は小鳥ママと先生が結婚するのも有りなんじゃないかと思えてきた。
でも先生の奥さんって普通に美人さんなんだよな。

 

どうでもいいけど自分は何故かこの作品を最初きらら枠と思い込んでたんだよな。
多分幸腹グラフィティのイメージが残っていたからだと思うんだけど。
5点。

 

タブー・タトゥー
結構作画は良かったし話も悪くなかったんだけどな。
ちょっと意外性がないというか、ただ呪文使い達が戦ってただけと言う印象が強いな。
7点に近い6点。

 

NEW GAME!
ブラック企業すぎる・・・。
青葉は社会人になりたてで他の会社を知らないからそれが当たり前だと思っているのだな。まったくゲーム業界は地獄だぜ!
まあ本人がやりたいことをやっていて満足ならそれで良いのだが。たとえ社員でも、年俸制であっても休日手当とか深夜手当はあるものなんじゃないのか?と思った。

 

それはさておき、作画や音楽は割と良かったな。
話もきらら枠の中ではまあ面白い方だったんじゃないかな。自分が社会人だからってのもあるかもしれないけど。
「がんばるぞい!」とか「くまったくまった」みたいな一部だけで判断するのは勿体無い作品だった。
まあ、堀江社長は出て来ないんですけどね。7点。

 

スカーレッドライダーゼクス
乙女ゲーの世界に特撮ヒーローを持ち込んだのは良い発想だったな。
ベタだけどストーリーもそんなに悪くは無かった。まあ色々と細かいところに突っ込みはあったけど。
ご都合主義と言うかその場のノリ重視で話が進むから、なんでそうなるんだよ!と思いながら毎回見ていた。

 

あとゲームだとそんなことないのかもしれないけど、サブスタンス達の影が薄かったような気がする。
それからバイクとかのデザインが割とダサかったような・・・。
可もなく不可もなくと言ったところで5点。

 

・OZMAFIA!!
結局あれだな。この作品は作品全体の方向性が良く分からないまま話が終わってしまったから、何がしたかったのか分からないな。
まあおそらくお気に入りのキャラが喋ってれば満足する人向けのアニメなのだろう。
3点。

 

魔法少女?なりあ☆がーるず
う~ん、多分gdgd妖精'sみたいな事をやりたかったのだろうが、そこまでの出来ではないと言うか、やる気が無いというか、予算が無いというか・・・。
でも声優さんたちはかなり頑張っていたと思う。
もうちょっと面白ければなぁ。4点。

 

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!
まあ、良いんじゃないかな。
全体的にそこそこ面白かった。最後が投げっぱなしエンドじゃなければもっと良かったんだけどなぁ。
6点。

 

魔装学園H×H
う~ん、まあ酷い設定の酷いアニメだったな。
でも肝心の作画が残念だった。まあ限られた作画のリソースをお色気シーンにつぎ込んだ判断は評価したい。
5点。

 

ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 絶望編
催眠強すぎ問題。何と言うかLOST†BRAINもびっくりの催眠力だった。
でも最初のほのぼのとした話からのこの酷い結末ってのは確かに絶望変と言うのに相応しい内容だったと思う。
問題は演出や展開が安っぽかったことかなぁ。もうちょっと頑張ってほしかったよ。
全体での評価は難しいけど5点・・・かな。

 

はんだくん
う~ん、途中は割と面白かったと思うけど、1話は意味がわからなかったし、半田くんを上げるために若干展開に無理があったような印象がある。
4点。

 

この美術部には問題がある!
キャラの可愛さと話の面白さは今期アニメの中で屈指の作品なんじゃないだろうか。
あまり新規性らしい新規性は無かったけど、それでも普通に登場人物が生き生きとしてて全体としてもノリが良かったので良し。
また再放送しないかなぁ。8点。

 

美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!
これは普通に話が面白かったな。1期の時からそこそこ面白かったけど、1期は割とスタンダードな戦隊モノを意識していたように見えたのに対して2期はそこから外してきた分ギャグとしてより面白くなった気がする。
各話の中での起承転結もさることながら、全体としてのストーリーや1期との繋がりなんかも良かったと思う。
7点。

 

ももくり
う~ん、微妙!(笑
女の子が変わっているのは良いとして、それ以上のアピールポイントが無いのが残念。
4点。

 

ReLIFE
全体的に面白かったな。
今後が気になるな。まだ高校生活は半年残っているし、日代さんとの関係がどう進展するかも気になる。
少し評価が高すぎるかもしれないが8点くらい付けても良いんじゃないかこれは。

 

ベルセルク
これも中々に微妙な作品だったな。
割と有名なシーンは多いんだけど、話全体を見るといまいち眼を見張るようなものが無いというか。
あと3Dモデルを使っているせいかあまり動きに重みが無かったのも気になった。5点。

 

逆転裁判
基本的に原作を上手くまとめながら作っているので話は面白いのだけど、たまに作画(あと演出)が酷いときがあった。
話自体はまだまだ原作のストックがあるはずなので、是非とも続きをやってほしい。
作画の分を差し引いて6点と言ったところかな。

 

・<ハオライナーズ>一人之下 the outcast
割と頑張っていたと思うけど、まず話の展開が遅いな。1クールでやったことがチョウソランが速達に入る&チョウソランとホウホウの関係が明らかになる&チョウソランが大会に出ることを決意する、って・・・。
次に作風と言うか話の中身が既存作品の踏襲で新規性が見られない。これが20年前の作品だったら評価されるのかもしれないが、今の御時世でこれはちょっと粗が目立つ。
でも取り立てて悪い点が無いってのは良いところかもしれない。5点。

 

食戟のソーマ 弐ノ皿
う~ん、まあそこそこ良かったんじゃないかな。
1期のときもそうだったけど、単なる料理バトルだけでなく、店の経営方針の改善みたいなところにも触れていたのは良かった。
7点。

 

ラブライブ!サンシャイン!!
まず絵は凄く綺麗だった。内容も悪くない。ちょっとμ'sを意識しすぎた感があるというか、いい加減ラブライブ出場の目的を廃校寸前の学園を救うこと以外に求めても良いんじゃないかと思った。
キャラはみんな個性的で良かったな。μ'sからの世代交代もかなりスムーズに行った感じがする。
7点。

 

Rewrite
う~ん、こんな話か。
なんか微妙な話だったな。割とシナリオに力を入れましたみたいな触れ込みがあったのだが。
まあまだ続編はあるみたいなので、これを踏まえてもっと面白い話になるのかもしれない。
取り敢えず5点。

 

・クオリディア・コード
話は十分面白かったと思うのだがいかんせん作画が残念すぎた。
あとカナリアは結局戦力として役に立つのか立たないのかかなり微妙だったと思う。
6点。個人的にはアンジュ・ヴィエルジュ並の作画があれば8点あげても良い出来だったのだが。

 

・B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~
まあ悪くはないんじゃないか。かなりご都合主義的な話の展開だけど、こんな感じでハッピーエンドで終わるのは気分が良いものだ。
文句をつけるとすれば内容が完全にうたプリの二番煎じってところかな。
でも割とちゃんと動いてたし十分及第点だと思う。5点。

 

・アンジュ・ヴィエルジュ
これ普通に良いアニメだったな。キャラは可愛いくて個性的だし、作画や音楽も良かったし、話も分かりやすくて良かった。
世界観は若干ツッコミどころがあるけど、まあそういうものだと割り切ってみれば普通に楽しめた。
これはぎり7点でもいいんじゃないか。

 

エンドライド
良く言えばそつない、悪く言えば地味な作品だった。
話自体は悪くないと思うのだが、微妙に間延びする展開や敵のデザインが適当なところなど、残念な点も幾つか。
やりたいことはあって、それ自体は面白いと思うのだけど、それに表現が追いついていない気がした。6点。

 

不機嫌なモノノケ庵
ちょっと頑張った腐女子向けアニメって感じかな。
作画は良かったけど話はいまいち。設定を活かしきれていない感があった。
5点。

 

マクロスΔ
マクロスのテーマであるところのロボ、歌、三角関係を上手く消化できているとは思ったが・・・。
ちょっといまいちだったな。マクロスFの出来が良すぎたからどうしてもそれと比較してしまう。
でもまあなんだかんだ言って6点くらいかな。

 

テイルズオブゼスティリア ザ クロス
結構面白かった。原作?知らんな。
できれば最後の方をもっと綺麗にまとめて欲しかったかな。
何と言っても作画は非常に良かったと思う。6点。

 

・orange
結構面白かったな。オープニングもエンディングも良い曲だった。
未来からの手紙がなんで届いたのかは全然分からなかったけど、もうそれはそういうものだと割り切って見れば良い話だった。
実際大好評の君の名は。だって同じようなものだしな。
後日談を見たかったけどそれは映画でやるのか。これは見に行きたいなぁ。7点。

 

あまんちゅ!
ARIA要素は全然無かったな。だったらARIAの名前を出す必要無かったんじゃないか。
う~ん、まず良いところとして絵は綺麗だった。悪いところはストーリーがいまいちだった。あまり大きな目的が無いというか、らきすたけいおんに近いものを感じた。
まあ最後の方でダイバーのライセンスを取るという目標にたどり着いたので、そこは加味して5点ってところかな。

 

ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 未来編
これ推理もへったくれも無くてノリだけ楽しめばいい作品だったのだな。
ダンガンロンパって言う作品全体がそうなのかもしれないけど。
残酷なシーンで血の代わりにショッキングピンクの液体を使ったり、モブが全員かまいたちの夜みたいなビジュアルだったり、色々と演出で思うところはあるけど、まあ割り切ってみれば悪くない。5点。

 

モブサイコ100
うん、普通に面白かった。
主人公が最初から最強ってのはワンパンマンと似たようなものだったけど、あっちはヒーローものだったのに対してこっちは普通の学生ってのはちょっと違ったかな。あ、でもワンパンマンもC級ヒーローだったか・・・。
6点で。

 

アクティヴレイド-機動強襲室第八係-2nd
これは文句なく面白かったな。
まあ謎も幾つか残ったけど。結局ババミッチーとは何者なんだ・・・。それにせっかく新キャラが登場したのにそれ以上にブレインちゃんの個性が強すぎた。彼女は準レギュラーじゃなかったのか(汗
作画よしギャグよしストーリーよしの9点。

 

D.Gray-man HALLOW
正直何がしたいのか全然分からない作品だったな。
最初の方は子供が能力に目覚めて大変だな~くらいしか思ってなかったけど、そのうち謎の集団は襲撃してくるしアレンは事あるごとに苦しみだすしで全くついていけなくなってしまった。
2点。

 

・チア男子!!
タイトルだけ見て腐女子向けのクソアニメだと思ってたけど全然そんな事はなかった。
割と入り口は狭いものの、内容はかなり正当なスポ根モノで普通に楽しめたな。
男しか出て来ないと思ってたけど、ハルの姉ちゃんやトンくんの彼女、翔のパートナー等意外と可愛い子が多かった。
良いんじゃないか。7点。

 

サーヴァンプ
頑張ってたけど何がしたいのか分からない話だったよな。
腐女子向けのアニメにありがちなのだが、ギャグとシリアスのバランスがおかしいと言うか、なんでそこでギャグをぶっこんでくるんだろう、と言うのが多かった。ハーメルンのバイオリン弾きに近いんだけど、なんだこの面白さの差は。
あとこれもありがちだけど、やりたいシチュエーションありきで話が進むからキャラクターの行動に一貫性がなさすぎるんだよな。これはまあブリーチとかでもあることなのだけど。3点。

 

・ツキウタ。THE ANIMATION
割と良かったんじゃないか。キャラクターありきの企画の割に意外と話もまとまってたし、音楽も良かったし。
一応ツキウタには女の子達も出てくる筈なのだが、あまり出番はなかった。途中と最終回手前の2回くらいしか無かったよな。
まあ実際そんなに需要も無さそうだし・・・。
可もなく不可もなしの5点。

 

クロムクロ
これも文句なしの面白さだったな。
前期からずっと見ていてあまり目立たなかったけど、毎回安定して面白かったし、ラスボス戦は熱かったし、最後はきれいに終わった。こういうのでいいんだよ、こういうので。
若干贔屓目になってしまうかもしれないが、これは8点でも良いだろう。

 

・Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
普通に面白かったな。キャラクターや武器の名前が覚えにくかったのがちょっと微妙だったけど。まあそれは私がどうにかすべき問題か。
結局ショウフカンもリンセツアも最初から舐めプをしていたって事か。ケイガイおばさんとかベツテンガイさんがピエロすぎる(汗
意外とツッコミを入れながら見たら面白い作品だと思った。
6点。

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
これもかなり面白かった。
それぞれのキャラクターが自分の立場で正しい選択をして、その上で視聴者であるこっちの予想を上回ってくるってのは素晴らしいな。
どうやら原作とはデザインが違っていて、それが不評だと言う話を聞いたが、自分は原作を知らないので特に気にはならなかった。8点。

 

・91 Days
禁酒法の時代で復讐劇をやるってのは良いのだが、途中からどんどん訳が分からなくなってしまった。
登場人物の行動が意味不明すぎる・・・。
あと名前も覚えづらかったな。4点。

 

 

そんなわけで、今日はこれまで。
それでは、ごきげんよう。