読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのアニメ感想ブログ

主にアニメの感想を書いていきます。

アニメの感想など

クオリディア・コード B-PROJECT アンジュ・ヴィエルジュ エンドライド

・クオリディア・コード#最終回
なるほど朝凪のおっさんには人間がおかしく見えていてアンノウンの人がすごく美人に見えたのか。
う~ん、酷い言い方になるが異常性癖者だったのだな(汗
でもこんな感じの話を昔藤子不二雄の短編集か何かで読んだような気がする。

 

・・・と言う惚気話だったのさ。
眼鏡、裏切ったな。
何故外した。

 

能力封じをさせる能力か。
朝凪のおじさんみたいにアンノウンが普通に見える人もいるのかもしれない。と言うか意思疎通はできるのだから、共存するという選択はないのか。もうそんな後戻り出来るような関係ではないのだろうが。
半分人間辞めてるじゃんこれ・・・。

 

凄い顔してるな眼鏡(汗
肝心のバトルなのに背景しか映ってない・・・。
カナリア道に迷ってるし・・・。

 

能力が使えない能力者だとこんなものか(汗
急にカナリアちゃん歌いだした。
ゾロかよ。
キャットファイトすぎる・・・。結局眼鏡を絞め落とした。
能力が戻ってきたぞ。

 

ただ子供が欲しいだけの人生だった。
でもアンノウンって実際どうやって繁殖するんだろう。当たり前だけどアンノウン同士での交配になるのかなぁ。
姫、その顔は何なんだ(汗

 

建物が崩壊していく。
カナリアは飛べないから大変だな。
えぇ、眼鏡の子は見捨てていったのかよ。まあ一度人類を裏切ってしまった以上連れて帰れないって判断なのかもしれないけど。でも戻ったら確実にどうなったか聞かれるだろ。
謎の幻を見た。う~ん、朝凪と眼鏡だけで何が出来ると言うのか。素直に人間たちに引き渡してあげるのが親としての優しさだと思うのだが。

 

お前誰だよ・・・。顔が全然違ってびっくりしたのだが(笑
流石は東京主席だな。

 

姫ちゃん育ての親の影響で子供作りに関心を示す。
みんなそれぞれの生まれた場所の復興をするのか。
何と言うか良い感じの終わり方をしたな。

 

ふと気になったのだが、みんなアンノウンによって偽りの世界を見せられていたと言うのはわかったとして、内地に送られた人ってのはどういう扱いを受けているのだろう。殺されたのかなぁ。

 

・B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~#最終回
B-PRO移籍の問題。
全ては予定調和だった。夜叉丸さんがやったことなのか。
つばさちゃんにはなんで何も知らされていなかったんだろう。夜叉丸さんとは連絡が取れないままだし、組織として結構問題があるような気がするのだが。
女の人には作画のリソースを割かないってのは良い決断だ。

 

夜叉丸さんを探す。
相変わらず耳は良いのだな。
夜叉丸さんがガンダーラミュージックを恨んでいるだと・・・。
いやでも恨んでいたら前もって話を付けておいたりしないだろう。何を考えているんだ?

 

夜叉丸さん登場。
はあ!?全てはガンダーラミュージックに仕組まれていたのか。
アイドル事業から撤退・・・だと・・・。

 

う~ん、夜叉丸さんの言いたいことは分かったが、だったらもうちょっと周りに相談しようよ。
こんな強引な話だと中には不満が出てきても仕方ないだろ。
夜叉丸さんの話もどこまで本当なんだろう。

 

夜叉丸さん、一体何者なんだ・・・。
確かに移籍しちゃったら今のライブはどうなるんだ?
つばさちゃん、夜叉丸さんと話をつけるのが先だと思うのだが。独断専行でライブの準備を進めて大丈夫なのか。

 

翼は翼(哲学
気がついたか・・・。
中止・・・だと・・・。
う~ん、そんな説明で納得するかなぁ。事件を起こしたのは夜叉丸さんあなたなのだが。
夜叉丸さんの態度を見てB-PROメンバの決意も固まったみたいだな。

 

相変わらず謎のイメージだな(笑
えぇ・・・唐突に重い話をぶっこんできたな(汗
親は関係ねえだろ、親は!お~!!
ウゾダドンドコドーン!!

 

う~ん、ふと思ったんですけど、わざわざ飛行機に乗る意味あるんですかね。
夜叉丸さんに取って外部から手が出せない空間を作りたかったってことかなぁ。
みんなどうしてここに。
で、出たー!ヒロインパワーで全てを押し切る展開!!(笑
アメリカ人好みの浅ましい展開だ!

 

その照明とか音楽どうなってるの!?
いつの間にかバックでサイリウムを振っている人とかいるし・・・(笑
研坊一体どういうことなの!?

 

・アンジュ・ヴィエルジュ#最終回
眼鏡サヤちゃん可愛いな(笑
う~ん、元々普通の受験生で、それがある日エクシードとしての能力に目覚めたって事で良いんだよな。
自分が特別な存在になれたと思っていたけど、結局エクシード達の中ではそれが当たり前で、やっぱり自分は特別にはなれなかったと。
で、その後に5つの世界に滅亡の危機が訪れたって事で良いのかな。

 

天音ちゃん!
闇堕ちした日向先輩を倒さないと。
こいつらいつの間にか随分頑丈になったな。アルファドライバーにダメージを肩代わりして貰っていた時期もあったのに。

 

何をするつもりだ?俺たちに何か見せてぇんだろ。っへへ。ストリップかな?うへへへ・・・。
アウロラさんとルビーさんも参戦した。
ココロノカラ。

 

プログレスからアルファドライバーにリンクして彼女たちを目覚めさせようと言うのか。
このドクターもSRだったのか。

 

天音の精神世界に入った。
彼女もサヤちゃんみたいな事考えてたんだな。
天音ちゃんぼっち説。携帯薄すぎだろ。折れちゃわないのそれ。
ワースゴーイ!

 

サヤちゃんの説得。アルファドライバーとしてプログレスの事を完全に理解できないとしても、その理解しようとする姿勢が大切なのだ。
気がついたか・・・。
おいおい、サヤちゃん以外のみんなの出番これだけ!?(笑
天音が帰ってきた。
何そのドリキャスみたいな機器は(汗

 

みんな覚醒した!?UCからEXRって。界王拳から超サイヤ人3くらいの飛躍があるような気がするのだが。
日向先輩をワンパンでやっつけました。
あとはウロボロスを片付けて終わりだ。最終決戦にみんなが駆けつけてくれた。なんだか男塾っぽくなってきたな(笑

 

イイハナシダナー。
主題歌にもあるけど、自分らしくあることが大切なのだ。
未来は救われた。
うん、普通に面白かったな。

 

エンドライド#23~最終回
そうか、今回は2話一挙放送か。
ウゾダドンドコドーン!!

 

大丈夫だ(根拠の無い自信
これからその病室に1人追加される事になりそうだぞ(笑

 

デメトリオに秘策ありか。一体何をするつもりだ?

 

気がついたか・・・。
落ち着け。その怪我では戦っても足手まといになるだけだ。少しは休んでろ。
fufu...話を聞いてくれません。

 

秘伝の薬・・・?嫌な予感しかしないのだが。
マジかよ。やっぱり嫌な予感しかしないのだが。

 

ここがゲートか。
こんなところで喧嘩をしている場合じゃないだろ。
硬い・・・。叩いても壊れそうにないのだが。
なんて硬さだ(意味深

 

アサナガが出て来た。
う~ん、そんなことを言われてもなぁ。
シュンがエンドラ人かどうかは別にして、アサナガがやっていることはエンドラの人達を不幸にする行いだからなぁ。そりゃいかんでしょ。

 

ギドロが飲み込まれた。
お前らぼーっと見てないで助けてやれよ。
希望ならあるだろう。シュンとエミリオだ。
ギドロが自爆した。やっぱり最終回付近になると死人が出るのだな。

 

アサナガも家宝具が使えるのだな。
エミリオの親父から家宝具を抜き取ったって事で良いのか。
ああ!乗り物がやられた。

 

遂にシュンが親父を倒す決意をした。
親父さん別に家宝具がなくても現代兵器で十分強いと思うのだが。
ファンタジー世界に現代兵器を持ち込んで無双する話は結構あったけど、ラスボスが現代兵器を使ってくるパターンは珍しいんじゃないか?

 

アサナガの家宝具は強いな。単純に腕の数が多い。
エミリオの家宝具がパワーアップした。
王子様は言うことはかっこいいが割と敵に良いようにやられているぞ。

 

やめろォ!
シュンの家宝具も進化するのか。

 

パスカルさん無事だったのか。
パラシュートを用意していたとは。流石は発明家。

 

二人とも剣が大きくなっただけで対して戦えてなくないか?(汗
そんな事誰も望んでいないんやなw悲劇やなw
やっぱり父親として息子は殺せないか。
エミリオの剣急に大きくなりすぎだろ(汗
親父ィ・・・。

 

何もしてないのにゲートが壊れたのだが。
シュンはそれで大丈夫なのか。
ゲートの台座が崩れる。このままだと落ちてしまうぞ。ファラリオンー!はやくきてくれーっ!!
助かった。ファラリオン無事だったのか。

 

確かに今後のエンドラのためにはウォープ粒子の研究が必要不可欠だろう。
彼ら研究者の存在はとても大切になるだろうな。
これから先、エミリオがエンドラを統治してくれるのかな。
シュンはスルー!?

 

今宵は宴じゃ。
シュンすっかりエンドラの食べ物に慣れたな。
どこに行くんだ?

 

シュンはやはり地上に戻るのか。
まあ母親もいるしな。
ただ父親がいなくなってウォープ粒子の供給も無くなった以上、どうやって生活していくのかな。
少なくとも地上に多少の混乱は出るだろう。

 

みんなには何も言わずに去っていくのか、エミリオ。
なんかベタだけど凄く良い終わり方だった。一昔前の壮大なRPGを見ているような、そんな終わり方だった。

 

 

そんなわけで、今日はこれまで。
それでは、ごきげんよう。